がんと戦う為の新療法です|更年期障害がもたらす症状|余裕を失くした心に
男性医師

更年期障害がもたらす症状|余裕を失くした心に

がんと戦う為の新療法です

横になる女性

3大療法の次の方法です

がんの三大治療法は、手術による外科治療法、抗がん剤による化学治療法、放射線治療法のことを言います。これらの治療法は、医学の研究・開発の努力により大きく進歩しています。しかし、患者さんに苦痛を与えてしまうことは避けられません。近年注目されているのは、がん免疫治療法です。がん免疫治療法とは、患者さん本人の免疫力を高めてがんの治療を行うものです。患者さん自身の血液から免疫細胞を取り出し、増殖させて攻撃力を強化して体に戻します。患者さん自身の細胞を使うので副作用はほとんどありません。方法は、患者さんから採取した血液からリンパ球を分離します。リンパ球に含まれているナチュラルキラー細胞のがんを攻撃する力を高めて増殖して体内に戻します。こうして強くしたナチュラルキラー細胞は、ほぼ全てのがん細胞を始末してくれます。どのようながんでも特異的にやっつけて、正常細胞は傷つけません。

治療方法は色々あります

がんの免疫治療法には、いくつかの方法があります。活性化自己リンパ球治療法は、白血球の中のT細胞と呼ばれるリンパ球を体外に取り出し増殖し攻撃力を強めて体に戻します。樹状細胞ワクチン治療法は、樹状細胞にがん細胞の特徴を覚えさせます。樹状細胞はT細胞へがん細胞の目印を伝え、T細胞は目印を元にがん細胞を攻撃します。患者さん自身のがん細胞を使って樹状細胞に覚えさせます。この他にも免疫治療法と言われるものとしては、患者さんの生きる力を精神的に強くする心理療法による免疫治療法や、免疫細胞間の伝達物質を利用した方法、抗体を利用した方法、針などで刺激して自律神経の働きを調整する自律神経免疫治療法などがありますが、それぞれに長短があります。