女医

更年期障害がもたらす症状|余裕を失くした心に

更年期と上手に付き合う

頭を押さえる人

原因は女性ホルモンの減少

更年期は閉経前後の期間のことで、女性の閉経の平均が50歳と言われているので主に45〜55歳くらいにあたります。この頃になると卵巣の機能が低下してきて、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が減少します。エストロゲンの分泌が少なくなると、脳が分泌を促すためのホルモンを出すようになります。しかしいくら脳から指令されようと、卵巣はもはやそうがんばれるだけの機能がありません。このバランスの乱れにより体にいろいろな症状が出るようになります。それが更年期障害です。程度は人それぞれで、まったく気にならない人もいれば生活すらままならなくなる人もいます。過度なダイエットや生活習慣の乱れが影響している場合もありますので、バランスの取れた食事や適度な運動などまずは生活を見直してみるのもいいでしょう。それだけでも更年期障害の症状が軽くなることがあります。

症状と改善方法

更年期障害の特徴的な症状としてはのぼせや発汗、冷え・ほてり、月経異常、血圧の変化などに加え、不眠やイライラ、うつ症状などがあげられます。その他にもむくみや頭痛、めまいなど人によって様々です。あまりにひどければ医師へ相談し漢方薬やホルモン療法などでの治療となりますが、軽い症状ならまずは生活改善から始めましょう。更年期障害は自律神経失調症の一つです。偏った食生活や不規則な生活での睡眠不足などは自律神経の乱れを招きます。ビタミンEや亜鉛、大豆イソフラボンなどホルモンバランスを改善するのに有効な栄養素を意識して摂るようにしましょう。また、無理のない程度にウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるのも効果的です。気持ちもリフレッシュしますし、よい睡眠を促してくれます。

負担なく安全に受けられる

脚

下肢静脈瘤の症状にはいくつかの種類がありますが、大伏在静脈瘤の場合はストリッピング手術という外科的手術が用いられます。ストリッピング手術は、麻酔法の進歩により日帰りで手術できる病院も増えてきているため、入院せずに受けることができます。

もっと読む

女性に増加している病気

バスト

乳がんは、乳腺にできる悪性の腫瘍であり、転移性のものとそうでないものの二種類があります。いずれにせよ早期発見が重要となるので、日頃から胸を触ってセルフチェックすることや、乳腺外来のある外科などに受診することがおすすです。

もっと読む

がんと戦う為の新療法です

横になる女性

がんの三大治療法は、外科治療法、化学治療法、放射線治療法があります。第四の治療法として、免疫治療法が注目されています。患者さん自身の血液を用いて免疫力を高めることで治療を行うことで、ほぼ全てのがんに有効であり、副作用もほとんどありません。

もっと読む